ハンドメイドミノー製作

2013.5.14 更新

ハンドメイドミノーを作り始めるまで
 中学生ぐらいのころ、「ザ・ミノー・メイキング(リベット/ハンクル/ムラセミノー/ナベミノー)」平本正博編著 泉和摩・村瀬達也・渡辺裕共著 ナツメ社を読んだ影響でいつかはミノーを作ってみたいと思っていました。しかし、受験や資力などの問題もあり、実現しませんでした。

 釣りの世界から離れて大分時が経ち、就職してから釣りを再開しました。以前のようにルアーフィッシングでなく、渓流の餌釣りからです。渓流のルアーフィッシングも興味はありましたが、餌で満足するほど釣れないこともあり、また、ルアータックルを十分にそろえる資力もなかったため、ルアーの世界は縁遠いものでした。

 渓流の餌釣りも次第に本流の大物狙いと変わり、本流の究極のターゲット「サクラマス」を狙い始めるようになりました。しかし、全然反応ないまま数年間が経ちました。そこで、ルアーのほうがサクラマスへの近道でないかと考え、ルアータックル一式揃え、九頭竜川でルアー釣りもやり始めました。
 しかし、サクラマス用ミノーが高くて数を揃える事は難しいため、自作すれば、コスト削減できるのではないかと考え、ルアーメイキングをやり始めました。そのときの参考書は「ハンドメイドルアーの世界(エイムック44)」・/えい出版社でした。しかし、ルアー作成用の道具を揃えたにもかかわらず10数個作っただけで作成を止めてしまいました。今となってはその当時の考えは分かりませんが、当時はサクラマスをルアーや餌で釣ったことがない幻の魚であったことから、自作ミノーに自信が持てなかったことや自作ミノーでは底を攻めきれないこと、作成は大変面倒であったこと、ルアーフィッシングはサクラマスだけだったことなどが考えられます。

 その後もミノーメイキングはやっていませんでしたが、市販ミノーのリペイントや市販バルサミノー(ブラウニーなど)のリップの再取り付けはやっていました。また、市販スプーンにあわびシートを貼る作業を2004年冬頃から始め、市販ミノーにも2005年冬頃から貼り始めました。けど、市販ミノーのシェル貼り化はどちらかといえば、失敗に終わりました。シェルシートの重みでバランスを崩すパターンが多かったためです。また、クリアーラッカーでどぶ付けして傷ついたミノーの補修なども近年になってからやっていました。

 こうした中、2006年の秋口に知り合いがルアーメイキングをやり始めました。それに触発されてルアーメイキングを再開しました。
2010モデルから使えるようになってきたと思います。結果もその年から安定してきました。


ハンドメイドミノー 製作の手引き
2007モデル
2008モデル
2009モデル
2010モデル
2011モデル
2012モデル
2013モデル


目次へ
ayu45の釣り入門へ
トップヘ
トップページへ