2月28日(火) 九頭竜川中部

2017.3.2 更新

 今年の九頭竜川の魚影は、昨年が良すぎたため、あまり釣れていないイメージがありますが、2010年以降では例年以上に釣れています。ただ、有名ポイントでは余り掛からず、小ポイントで釣れており、どこで釣れるのかてんで読めない状況です。そんななかで如月鱒を釣りたいため、無理やり有給を取って出撃しました。
 金曜日の夜に九頭竜に向かい、現地で仮眠をとり、翌日に疲れをなるべく残さないようにします。朝の6時に起床し、ポイントを見ながら南下します。が、当初入りたかった九頭竜砂利前の瀬には先行者は一人いて、見ている間に二人目として大阪のH氏が入ったので、場所替えしてR8上流右岸の通称土管に入ります。流れ的にはいいのですが、残念ながら反応なく、次に最初に入りたかった九頭竜砂利前に入りました。一流ししましたが、ここでも反応はなく、次の場所に移動です。森田小前に左岸に入ってみると木が繁茂して釣りづらい状況です。また、以前よりも砂が多くなったような気がします。そのあとJR鉄橋まで釣り下りましたが、相変わらず反応はないです。

 昼食後には、えちぜん鉄橋下流右岸をウェーディングしながら釣り下り、高屋橋上流では勝ったばかりのルアーをロストして意気消沈したり、高屋橋下流では5時のサイレンを聞きながらルアーを投げまくっていましたが、ついに魚からの魚信を得ることは叶いませんでした。

R8上流(通称ドカン) R8上流(通称ドカン)
R8上流(通称ドカン) R8上流(通称ドカン)
2017年2月28日、7:10 2017年2月28日、7:37

高屋橋 高屋橋下流
高屋橋 高屋橋下流
2017年2月28日、15:40 2017年2月28日、15:40


タックル ロッド UFMウエダ・ステンガーラックス <BORON> SLT-96H-Ti(トルザイトガイド仕様に変更)
リール  シマノ・14ステラ4000+Yスタイル 花梨瘤/紅白葡萄杢ノブ
ライン(道糸) YGKよつあみ G-soul WX8 25lb(1.5号)
ライン(リーダー)バリバス  ストリームリーダー 16lb
ルアー バスディ シュガーディープ2/3 92・85、レンジバイブ70・80ES、自作ミノー他
釣果 サクラマス 0匹 (0ヒット)
ポイント 6:30-9:00 R8上流(通称ドカン)右岸、9:15-10:30 新幹線鉄橋下流右岸(九頭竜砂利前)、 10:45-12:30 森田小〜九頭竜橋〜JR鉄橋、13:20-14:45 えちぜん鉄橋下流右岸、15:00-15:30 高屋橋上流右岸、15:30-17:30 高屋橋下流右岸 #1,2,3,4、排水口
天候と気温 晴後一時曇 -1.2℃(AM7) 8.4℃(PM0) 6.8℃(PM5) 北風1.9m/s
水温 6℃(AM7)、5℃(AM12)
水量(7,12,16時)
(中角橋を基準)
やや高水 クリアー 0.71-0.65-0.70

(三国港を基準)
中潮 満潮2:46 15:59 干潮10:01 21:35
日の出・日の入り 6:27 ・ 17:49
越前FC検量数 2
所要時間
(行き・帰り
193m(175.1km:R8)・262m(185.5km:R8)





前の日誌へ
前の日誌へ
渓流釣り日誌一覧へ
渓流釣り日誌
一覧へ
次の日誌へ
次の日誌へ

トップ
トップ