2月16日(木)
2月17日(金)
九頭竜川(九頭竜川中部)
九頭竜川(九頭竜川中部)

2017.2.18 更新

九頭竜川の全面解禁に合わせて休暇を取得し、高屋橋下流にメインにやってみました。解禁からこれまでの釣果はあまり芳しくないせいか、目指す場所は取れました。左隣の3番にはテントを張った人がいてその中で寝ています。5時くらいに右隣の人が椅子とライトを置いて、人は車の中で待機です。そんな人がいる中、釣り場で夜明けを待ちます。気温的には-1℃程度とさほど下がっていませんが、南風が強く吹いているため、体温が奪われていきます。特に手先・足先が冷えてきて我慢できません。
 明るくなって釣り開始です。しかし、自分だけでなく周りも変化ありません。時合と思われる10時を過ぎても何もないため、場所移動です。少し上流のえちぜん鉄橋下流右岸のウェーディングです。晴れていて釣り下るのは気分がいいですが、残念なことに反応がありません。一流しして昼食と昼寝してから再度高屋橋下流に入ります。昼からは反応があるはずと思いましたが、この日は反応がありませんでした。

 翌日は水位が15p程度増水しています。釣り始めるまでは曇りでしたが、釣り始めると雨が落ちてきました。高屋橋上流右岸のテトラに入れ、しかも、少し増水し、状況が変わっているに違いないと思いましたが、全然そうでなく周りも反応なく終わりました。雨で冷え切ったので、越前FCに寄ってコーヒーを飲んで体を温めて帰ることにしました。しかし、帰る途中に国道8号線下流の瀬がどうしても気になり、もう一度戻ってその場所を釣ってみようと思いました。幸いなことに誰もいなくて一流し。けど、反応ありません。もう一度流すと一気にひったくられました。ドラグがやや硬めに設定していたせいか、魚を落ち着かせることができずにフックアウト。今季初の生体反応があっただけよかったです。

高屋橋下流 えちぜん鉄道鉄橋下流護岸
高屋橋下流#2 えちぜん鉄道鉄橋下流護岸
2017年2月16日、9:59 2017年2月16日、10:53

高屋橋上流右岸から下流を見る R8号線下流右岸(九頭竜砂利前)
高屋橋 R8号線下流右岸(九頭竜砂利前)
2017年2月17日、7:17 2017年2月17日、13:56

タックル ロッド UFMウエダ・ステンガーラックス <BORON> SLT-96H-Ti(トルザイトガイド仕様に変更)
リール  シマノ・14ステラ4000+Yスタイル 花梨瘤/紅白葡萄杢ノブ
ライン(道糸) YGKよつあみ G-soul WX8 25lb(1.5号)
ライン(リーダー)バリバス  シーバスショックリーダー ナイロン 20lb
ルアー バスディ シュガーディープ2/3 92・85、レンジバイブ70・80ES、自作ミノー他
釣果 サクラマス 0匹 (0ヒット)
ポイント 2/16 6:30-10:30、14:00-17:00 高屋橋下流右岸#2、4・3・1他 、10:30-12:00 えちぜん鉄橋下流右岸
2/17 6:30-10:30 高屋橋上流右岸、14:00-15:00 R8下流右岸(九頭龍砂利工業前)
天候と気温 2/16 晴れ 0℃(AM7) 10.2℃(PM0) 11.2℃(PM5) 南風3.1m/s
2/17 雨  5.5℃(AM7) 8.4℃(PM0) 7.9℃(PM5) 南風2.6m/s
水温 2/16 6℃(AM7)、11℃(AM12)
2/17 6℃(AM7)、11℃(AM12)
水量(7,12,16時)
(中角橋を基準)
2/16 平水 クリアー 0.50-0.46-0.42
2/17 やや増水 多少濁りあり 0.65-0.70-0.90

(三国港を基準)
2/16 中潮 満潮5:07 17:58 干潮11:59 --:--
2/17 中潮 満潮5:44 18:22 干潮0:30 12:18
日の出・日の入り 2/16 6:42 ・ 17:38
2/17 6:41 ・ 17:39
越前FC検量数 2/16 2
2/17 2
所要時間
(行き・帰り
193m(175.1km:R8)・262m(185.5km:R8)


動画シーン





前の日誌へ
前の日誌へ
渓流釣り日誌一覧へ
渓流釣り日誌
一覧へ
次の日誌へ
次の日誌へ

トップ
トップ